有酸素運動は血行不良が原因の薄毛を改善します。

 

有酸素運動は薄毛改善の助けとなってくれる?

 

現代人は仕事などで慢性的な運動不足に陥っています。血流が悪いと、髪の毛を育てるのに必要な栄養が頭皮に届かないので、薄毛は悪化します。有酸素運動で筋肉を動かせば、血流が良くなって栄養素を全身に巡らせることが可能です。またストレスにも対処します。ストレスは健康を害するもので、薄毛以外にも関係しています。

 

無理のない範囲で体を動かせば、気分がすっきりします。私たちはストレスを感じるとコルチゾールというストレスホルモンを大量に分泌します。このコルチゾールが髪の毛など体全体に悪影響を与えますが、有酸素運動はコルチゾールの分解を促進するので、ストレスを溜め込みにくくなります。有酸素運動とはウォーキングやサイクリングのように、一つの動きをひたすら続ける運動です。繰り返しの動作は脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィンを分泌して、人間は快感を得るようになります。

 

他にもドーパミンやセロトニンの分泌によって、運動が苦にならないばかりか運動後は気持ちが爽やかになります。人間は日中は様々な活動を行うので交感神経が優位です。有酸素運動では、運動中は交感神経が活発に働きますが、運動後には副交感神経が優位になってリラックスできます。自律神経のバランスを整えることで、寝つきが良くなり髪の毛の成長にも関わる成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯に、質の良い睡眠がとれます。さらに育毛剤よりは効果が落ちますが、男性ホルモンが原因の薄毛にも有酸素運動がたく立ちます。

 

薄毛にする男性ホルモンはジヒドロテストステロンと呼ばれ、5αリダクターゼがテストステロンを変化させて作ります。このジヒドロテストステロンを体外に排出するには排尿と汗をかくことの2つしかありません。無酸素運動は筋肉を瞬間的に使うので、運動に慣れていない人は続きません。有酸素運動ならば毎日実践できるので、汗をたくさんかき原因を排除します。