頭皮の乾燥と薄毛

 

薄毛と頭皮の乾燥・ふけ・かゆみ

 

頭皮の乾燥と薄毛は関係があることが多く、特に乾燥によって起こる頭皮の硬化が薄毛につながります。頭皮が固くなると、その部分の血行が悪くなり、髪に栄養が届かなくなります。髪の根元に毛母細胞と呼ばれる細胞があります。この細胞は血管から栄養素や酸素を受け取ります。それによって細胞分裂が起こって、髪が生えるようになります。

 

頭皮の血行が悪くなると、毛母細胞に栄養や酸素が届きにくくなり、薄毛の大きな原因になります。頭皮が乾燥していると、髪のかゆみが強くなることがあります。かゆいので頭皮を掻いてしまい、フケも増加します。乾燥によって頭皮がかゆくなるのは、細菌のせいであることもあります。頭皮には一定の数の細菌が住みついているのですが、それが増えすぎるとかゆみが出てきます。

 

頭皮がかゆいと、ついうっかりして爪を立てて頭皮を掻いてしまうこともあります。頭皮にダメージを与えるので、当然薄毛の原因の一つになります。頭皮は人が考える以上にデリケートなもので、できるだけダメージを与えないように注意しなければなりません。頭皮の乾燥やかゆみを防ぐ良い方法は、保湿シャンプーを使うことです。天然のオイルを含んだ保湿シャンプーが販売されているので、それを使えば、頭皮の乾燥を防ぐことができます。

 

その時に大切なことは、刺激の強すぎるシャンプーを使わないことです。頭皮の乾燥やかゆみに悩まされている方は、頭皮がダメージを受けていることが多いので、刺激の強いシャンプーを使う逆効果になることがあります。もし可能なら、天然成分だけしか使っていないシャンプーを使うようにしましょう。

 

頭皮マッサージは頭皮の乾燥や薄毛を改善するもう一つの良い方法です。指先で自分の頭皮をマッサージするだけで、それほど難しいものではありません。爪を立てないようにして、揉んでいきます。頭皮マッサージをすると、血行が少しずつ良くなって乾燥やかゆみ、薄毛が改善してきます。