AGAが進行してる場合

 

進行したAGAには自毛植毛がいい?

 

AGAが進行してしまっている場合、もうすでにできることはないと諦める時代はもう終わりました。現在ではかなり進行してしまっているAGAでも有効な方法があります。そのAGA治療とは自分の毛を使って毛を増やす自毛植毛です。

 

ほとんどの薄毛に悩んでいる方は前頭部や頭頂部までは薄くなっていることが多いですが、後頭部の毛はまだ残っている場合が少なくありません。自毛植毛はこの後頭部の毛を利用した方法なのです。皮膚ごと後頭部や側頭部の毛を切り取り、それを薄毛が気になる部分に植毛します。もともとの自分の毛なので副作用が起きてしまう可能性がほとんどなく、皮膚を切り取った部分は縫い跡が残りますが、毛がのびれば隠れてしまうので気になることもありません。この方法ですと植毛された後は毛がのびますし、白髪になったりなど他の健康な毛と同じように成長します。また同じ植毛でも人工毛の植毛とは違って、その後のメンテナンスは必要ありません。もちろん人工毛を植毛するほうが費用的には安くすみますが、永遠にメンテナンスを必要とするので長い目で見れば自毛を植毛してしまったほうが良いともいえます。自分の毛なので植毛しても自然なのもメリットです。

 

デメリットといえば、後頭部や側頭部などから株を採取するのですが、あまり多くの毛を採り過ぎてしまうと今度はその部分が薄毛になってしまうため、バランスを見ながら採取しなければいけないという点でしょう。また病気ではないため、費用は全て自費となります。そのため、高額な費用が必要となります。薄毛に悩む人の中には自毛植毛をする費用を貯める間は人工毛で見た目をカバーしておくという人もいます。考え方は人それぞれですが、薄毛にずっと悩んでいるくらいなら行動にうつして楽しく生活を送るほうが精神的にも良いです。ストレスは薄毛を進行させる原因にもなりますから、ストレスをなくすという意味でも思い切った行動をするのが良いです。