札幌でAGA治療を扱うクリニック

 

札幌でAGA治療する前に|AGAクリニック・病院の比較

 

最近、AGAという言葉をよく耳にするようになりました。AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症を意味します。遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因であると言われ、その症状は進行していくために、食い止めるためには治療が必要になります。薄毛は放っておくとどんどん進行して、髪の毛が増えることはありません。自覚するようであれば、早目の受診をすることで、髪の毛を育て、増やすことが可能になります。

 

AGAの治療はどこの病院でも行っているというものではありません。行っているクリニックによって、治療方法や考え方が異なることが多いので、自分が納得できる医師を探すことが大切になります。どこのクリニックで治療を受けるか悩んだときは、カウンセリングを受けて自分に合った所を探します。無料でカウンセリングを行っているクリニックも多く、参考になります。

 

札幌でAGA治療を扱うクリニックはいくつかありますが、AGAスキンクリニックは札幌駅から徒歩3分というアクセスの良い場所にある、薄毛に悩む人のための専門のクリニックです。発毛、育毛を専門に行うことで、より専門的な知識と技術を治療に活用することができます。発毛実績が99.4%という高い数字が効果をあらわしています。タブレットと塗り薬によるオリジナルの治療法が好評で、プロペシアなどの基本的な治療も行っています。

 

また、AGAルネッサンスクリニックと提携している湘南美容外科も札幌駅から3分のところにあります。投薬での治療から、自毛植毛まで幅広い治療を行っています。

 

札幌駅に直結した聖心毛髪再生外来は、内服薬や外用薬の他にも最新の再生療法を扱っています。自毛植毛の治療も開始され、幅広い治療を受けることができます。

 

札幌中央クリニックは、発毛を専門に行うクリニックではありませんが、成長因子を活用したAGA治療が受けられます。札幌駅から徒歩5分のところにあります。

病院で行われているサービス

 

札幌でAGA治療する前に|AGAクリニック・病院の比較

 

札幌でAGA治療を行う前には、まず病院で行われているサービスをしっかりと精査しなくてはなりません。男性型脱毛症は原因が特定されている症状なので、その症状に関する対策はしっかりと出来ています。しかし、一方で病院の中では男性型脱毛症に対する推奨手段としてはあまり馴染みのない手段を提供している施設も少なくありません。こうした施設を利用することによって費用を無駄に使ったり後でトラブルになることも考えられますので、事前にしっかりと精査をしてより良い病院を探すことが一番であるといえます。

 

そもそも、AGAに関してはその症状を治療するための専門のガイドラインが存在します。このガイドラインにはどのような対策をすれば男性型脱毛症を治療することが出来るのかが書かれているので、全く知識が存在しない人はこうしたガイドラインを参考により良い病院を探すと良いでしょう。例えば、一昔前までは良いとされていた人工毛による植毛はAGA治療に関連する治療の推奨ランクとしては最も低いランクに位置づけされています。病院の中では直接的な人工毛による手術はやらないようにしているところがほとんどですが、AGAの治療の一つとして人工毛を残っている髪の毛と結んで増毛効果を期待するサービスを提供している病院は増えています。しかし、こうした方法は一時的な薄毛の対策に過ぎませんのでAGAを治療するための根本的な解決策にはなっていません。薄毛の治療の中でも、男性型脱毛症と一般的な薄毛の症状は異なっていますのでそれに関連する治療方法も全く異なっているわけです。AGAを治療するためには、外科的な手術をしたり専用の薬を使って体内から体質を変えていかなくてはならないことを理解しておきましょう。

 

札幌には、AGAを治療するための専門外来がありますので実際に治療をしてもらうためにはまず問診をしてもらって詳しい治療の方法を確認しておくことが重要です。

【抜け毛】や【薄毛】は治る?

 

札幌でAGA治療する前に|AGAクリニック・病院の比較

 

最近、AGA治療に関する研究をさまざまな医療機関が行うようになってきました。それらの研究の成果も含め、急速な発展が目立っています。また薄毛や抜け毛は昔から男性の病気として知られていましたが、今や女性にもみられる病気とされています。一般的に抜け毛や薄毛を予防するためには【育毛剤】を考えるでしょう。

 

しかし、どれでも効果があるわけではないようです。さまざまな研究の中、商品は改良されてきています。今、注目されている育毛剤にはどんなものがあるでしょうか。また一般的な治療期間はどれくらいなのでしょうか。一般的に注目されているのは抜け毛や薄毛を予防し、発毛するまでにかかる期間としては、およそ1年とも言われています。開始から1か月では髪の毛コシがでてくる。3か月までは、産毛が目立ってきます。4か月目までは、産毛は太く伸びてきます。6か月までは、見た目など外見上に変化が現れるようになる。そして1年までは、治療できていなかった部分も改善されている。これらのように抜け毛を抑え、なお発毛にまですすめるためには、ある一定期間が必要なのです。

 

今は【抜け毛】や【薄毛】は治る時代とされています。そのためには、できるかぎり早めに対策をとる必要があります。長い期間の放置は、髪のダメージとしても良くないと考えますし、性格的にもノイローゼとなる方もおられるようです。今、市販されている【育毛シャンプー】を使っている方もおられるかもしれません。まずは頭皮表面上の汚れを落とすことが目的です。毛穴に詰まっている汚れをしっかりと落としてから、頭皮を刺激するようにします。その際は【ゴシゴシ】と擦らないことが重要になります。これらの取り組みはやり方を間違えると逆効果になり、治療期間の延長につながることが言われています。正しいやり方で取り組めば、AGA治療は1年くらいで効果はみられるのです。ネットでも効果的な治療方法が掲載されていますので、公式サイトなどを拝見されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

"

AGA治療をする上でのキーポイントになるのが5αリダクターゼと呼ばれる物質です。

 

札幌でAGA治療する前に|AGAクリニック・病院の比較

 

還元酵素であり人体に於いても需要な存在ではあるものの、男性ホルモンと結合することによって悪さをする物質になってしまいます。そして結合して誕生した物質はDHTと呼ばれ、男性型脱毛症の原因になってしまうのです。

 

DHTが増加することで脱毛が促進されていきますが、その理由はヘアサイクルを乱す作用をDHTが持っているからです。髪の毛は一定のサイクルで発毛したり活動を休止しているのですが、DHTが増加すると発毛する期間を短くしてしまいます。つまり本来なら育つはずのところ、短い期間で活動を休止してしまいますし、それゆえに十分に発毛をすることができずに抜け落ちるようになってしまうのです。髪の毛が育たなくなりますので最終的には細く弱い髪の毛しか育たなくなったり、産毛状態になりハゲが目立ってしまうようなこともあります。

 

このような薄毛を引き起こしてしまうのがDHTであり、そして根本的な原因になっているのが5αリダクターゼです。根本原因への対策をすることがAGA治療になるのですが、その為にも用いられることがあるのが専用の内服薬です。

 

内服薬はフィナステリドと呼ばれる成分を配合しているのですが、この成分には5αリダクターゼを抑制する働きがあります。その為、男性ホルモンとの結合がし難くなりますし、結果的にDHTも増加しなくなるのです。DHTの量が減少することで乱れていたヘアサイクルが正常化しますので発毛し易い環境を取り戻すことができます。

 

内服薬は男性型脱毛症を改善する為の有効な治療薬であり、AGA治療で欠かせない存在になっているのですが、ただ発毛を促進する薬ではないことを理解しておきましょう。脱毛を抑制する働きがメインであって発毛を促進する作用は持っていませんので、育毛薬も使用して発毛を促進しないと改善が難しいこともあるのです。

AGA遺伝子検査とは?

 

札幌でAGA治療する前に|AGAクリニック・病院の比較

 

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。
脱毛はこめかみや生え際から始まり、頭頂部の毛髪が薄くなるのが特徴です。
女性にもAGAがありますが、男性とは違って生え際に限らず頭頂部、前頭部を中心に頭部全体の毛髪が薄くなり、禿げるのは稀です。

 

AGAには、環境的な要素だけでなく遺伝的な要素も関係すると考えられています。
遺伝が原因の場合には、男性ホルモン受容体遺伝子が脱毛に関係しており、母方の祖父や祖母から遺伝します。また父方の脱毛が息子の脱毛にも関係すると考えられているので、遺伝子検査をすることで将来薄毛になる可能性があるかどうかを調べることができます。

 

遺伝子検査は、男性ホルモン受容体に関わる遺伝子を調べ、遺伝的に将来AGAを発症しやすい体質かどうかを調べます。もし将来AGAの発症リスクがあれば、早期に治療を行うことで薄毛を回避することも可能です。

 

日本では1000万人以上の人が薄毛や抜け毛で悩んでいるといわれ、そのほとんどがAGAといわれています。
一般的に30〜50代の中年男性にみられる症状ですが、最近では10代や20代の若者も増えてきています。

 

AGAはヘアサイクルが乱れることで起こると考えられ、DHTと呼ばれる男性ホルモンの一種が原因といわれています。DHTは本来なら、男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンですが、思春期をすぎると、前立腺肥大やニキビなどの症状を起こすホルモンへと変化してしまいます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつくことで、ヘアサイクルが乱れ新たな髪が生えなかったり、細くなり薄毛へとつながります。

 

AGAは進行性の薄毛のため、放っておいても改善することはありません。薄毛を改善するには早期に治療を行うことが大切です。そのためには遺伝子検査を受けて自分が将来薄毛になるかどうかを知ることも重要といえます。